医療秘書の資格情報!医療秘書の仕事内容、受験・試験データ等を解説!
女性の就職・転職に役立つ資格情報!
HOME サイトマップ
女性の就職・転職に役立つ医療業界の資格情報!
看護師
歯科技工士
歯科衛生士
薬剤師
保健師
臨床検査技師
理学療法士
作業療法士
視能訓練士
診療放射線技師
医療秘書
はり師・きゅう師

女性の就職・転職に役立つ福祉業界の資格情報!
社会福祉士
介護福祉士
ケアマネジャー
ホームペルパー
福祉住環境コーディネーター
臨床心理士
カウンセラー
手話通訳士

当サイトについて!
運営者情報
リンク集
リンク集2

P R
外資系企業ランキング
全労済の人気の秘密

女性の就職・転職に役立つ医療秘書の資格情報!
医療秘書の資格取得を目指しているあなたに役立つ情報が満載!

医療秘書は、こんな人に向いている!

医療秘書は、医師や看護師のスタッフ間の調整など、多方面にわたって仕事をします。
秘書といっても、医療メンバーの一員であることから、大切な命を預かっているという責任感をもつことも大事です。

明るく親切な応対が求められますので、思いやりのある人材が求められます。
裏方的な役割ですが、機転が利き、的確な判断ができなければいけません!

医療事務とは具体的にどういう仕事かといいますと、最近では「メディカルクラーク」と呼ばれることもあります。病院やクリニック等医療施設における「経理・事務職(クラーク)」が医療事務です。病院や医院など医療現場で必要不可欠な存在として働くスタッフの一人です。

詳しくは医療事務の資格と仕事を徹底解説をご覧ください。

医療秘書の就職・転職に備える受験データ!

受験資格 特になし

試験内容

出題領域は下記のとおりで、各級共通です。(級が上がるごとに内容・程度が高度になります。)

領域1

@ 医療秘書実務
A 医療機関の組織・運営、医療関連法規

領域2

医学的基礎知識、医療関連知識

領域3 医療事務

試験水準

3級 それぞれの領域について基礎的知識と技能をもち、一般的な業務を遂行することができる
2級 それぞれの領域について一般的な知識と技能をもち、やや複雑な業務を遂行することができる
準1級 それぞれの領域について専門的な知識と技能をもち、やや複雑多岐な業務を遂行することができる
1級 それぞれの領域について高度な知識と技能をもち、複雑多岐な業務を専門的に遂行することができる

試験日 6月と11月

医療秘書になりたいあなたに送るワンポイントアドバイス!

医療秘書の仕事は、医学的な基礎知識、病院管理学などに加えて、秘書学やワープロ、簿記、英語などの知識も必要です。
資格がなくても、仕事に就くことはできますが、医療秘書の資格があれば、就職、転職に有利になります。

ユーキャンの医療事務講座
ページトップ 

女性の就職・転職に役立つ資格